当サイトについて


LPが操業した1960年代当時はティンバレスはラテンミュージックでのみ聴かれたものです。現在では多くの音楽分野で使われるようになりました。LPのティンバレスは、その経験によって、よりにぎやかに、“cascara”音(シェルサイドを叩いたときの音)をクリアにするため、トップとボトムのエッジを折り込んだ新しいデザインを採用しています。

LPのティンバレスはクロムメッキのヘビーデューティーティンバレススタンド付で販売してきました。ダイキャスト製のそのスタンドはティンバレスを水平にも傾けてもがっちりロックでき、高さ調整可能です。また、カウベル用のホルダーも付属しています。
LPティンバレスのシェルはステンレススチール、ソリッドブラスまたはブロンズを採用しています。ステンレススチールシェルは、非常にブライトで歯切れの良い大きなサウンドがします。ソリッドブラスシェルは、より暖かいサウンドです。ブロンズシェルは優れた独特のcascara音が特徴です。

LP Tito PuenteTimbalesは12″/13″, 13″/14″, 14″/15″の組み合わせが用意されています。13″と 14″のモデルはLPが最初に生産したものです。今日は 14″と 15″のモデルが一番好まれているようです。
ヘビーデューティー、高さ調節付、傾斜セット可能なティンバレススタンド。カウベルブラケット。ペアのティンバレススティック。チューニングレンチが付属しています。
※画像のカウベルは含まれません。

LP256-S LP Tito Puente Timbales 13″ & 14″ Shells, Stainless Steel
本体¥107,000。

お問い合わせ

【気質アップ】 & 13″ Timbales Puente Tito LP 14″ SteelLP256-S Stainless Shells,-その他

2016/08/30 生活

「「地球上の富の半分を持つ男」と呼ばれたハワード・ヒ...」

【気質アップ】 & 13″ Timbales Puente Tito LP 14″ SteelLP256-S Stainless Shells,-その他

【気質アップ】 & 13″ Timbales Puente Tito LP 14″ SteelLP256-S Stainless Shells,-その他

2016/08/26 MEINL SC80AB-B [SNARECRAFT CAJONS:Almond / Natural] 【ビギナーにオススメの1台!】

あなただけのために走る電車があったとしたらどう思いますか?実はこの話、日本で本当にある話なのです。 場所は北海道の函館で、上下合わせて1日2本の電車がたった一人の女子高生を乗せるためだけに停車するという話。日本を飛び越え …

【気質アップ】 & 13″ Timbales Puente Tito LP 14″ SteelLP256-S Stainless Shells,-その他

1 / 14112345...102030...»最後 »

【気質アップ】 & 13″ Timbales Puente Tito LP 14″ SteelLP256-S Stainless Shells,-その他

Copyright © 2014 【気質アップ】 & 13″ Timbales Puente Tito LP 14″ SteelLP256-S Stainless Shells,-その他 All Rights Reserved.